読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
さすらいライター、みずぐちもとゆきが綴る日常と非日常

2月3日 とおき春よ。

f:id:mizumochy:20170204005028j:plain

 

今日はある女子学生との打ち合わせ。彼女とは3月末にトークイベントを企画中。
いまは「春」は名ばかりで肌寒いが、当日にはサクラが咲いているだろう。

 

彼女はつい先日20歳になったばかり。
大学進学直後から、京都の伝統工芸の職人さんへの取材を重ね、
フリーペーパーを作ってきた。
もともと祖父母が西陣織の職人で、ずっと身近にあった職人と、
作り手をつなぐことを模索しているという。

その取り組みも1年半を経て、ひとつの集大成を迎える。
その門出に参画することになった。

 

学生の頃にはぼくも祭礼の取り仕切り役のおっちゃんたちに取材に通った。

そのころはおっちゃんたちの熱い想いにやられっぱなしで、
なんだかんだ言い訳をしては、その想いをことばに出来ず、
ついには自分がその熱量に耐えかね、つくることを諦めた。

それに引き換え、「ことづくり」を厭わない彼女の姿勢、行動は年下ながら尊敬する。打ち合わせを重ねるごとに、精度も上がっている。

 

イベントは個人でも多く主催してきた。
ある程度の見立てはできるが、毎回開催前はお客さんが集まるか、
反応はどうか、胃が痛くなる思いをその都度繰り返してきた。


彼女にプログラムの設計について聞かれるとき、
いつまでも若いとか、未熟だとか、そんなことを言い訳にしてられない、
ぼく自身もやりたいこと、やるべきことにきちんと向き合っていこう、
と思った。

人生の岐路で「帯を締めなおす」機会をいただいたのかもしれない。
いまから当日が楽しみだ。

 

写真)節分を迎えた近所の達磨寺