読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
さすらいライター、みずぐちもとゆきが綴る日常と非日常

【イベントレポート】奈良の情報を9年間発信し続ける個人ブログ 秘訣はゲーミフィケーション!?

イベント レポート リトルプレス ローカルメディア 書くということ はたらく ブログ

 

f:id:mizumochy:20160118014517j:plain

先日参加したイベント「地元メディア スタディ」についてまとめます。
ちょっと長くなりそうなので、今回は「奈良に住んでみました」のライター
nakaさん(@naka_nara)のお話をご紹介。

 

今回は主に当日のTW実況を使いながら、突っ込んでいきたいと思います。

 

脅威の継続力

nakaさんプロフィール(イベントページより転載)

新潟県出身。愛知県でフリーランスのライターとして活動、結婚を機に奈良へ移住。2004年ごろから奈良のお寺や観光地を回り始める。お参りの記憶が薄れてしまうのはもったいないと、2007年秋からブログ「奈良に住んでみました」を開始。当時は奈良の情報をまとめたサイトが少なく、「一切手を抜かずに3年間運営すれば、同種のブログの中で一番になれるだろう」という目標を立てて更新を続ける。トータルの記事数は約1700本、年間PVは約360万。

 

個人ブログで9年間。しかも週3本をずっと継続していると……
先輩ブロガーnakaさん、ハンパないっす!!

神社仏閣や観光地を回っては、記憶が錯乱しないように、奈良の情報を扱おうということでブログをはじめたそうです。そのうち、好きだけど、あまり情報の載っていない地元のラーメン屋さんを中心に強化していったそうです。

(2016年1月19日 こちらnakaさんよりコメントをいただいて修正しました。)

ブログそのものを変えればよかったかも、とおっしゃってましたが、観光と飲食は切っても切れないですし、けっこう便利かも。

登壇者の徳谷さんからは「同じブログで県内、県外の両方の読者を獲得できたのは珍しい」と話していました。地元の方はあまり地元情報を読まないので、どうしても難しいんだとか。なるほど。

 

ブログは1日にして成らぬ、継続こそ力なり

ブログが直接の大きな収益にはなってないとのこと。これだけ続けてきたから、稼げるようになった、とnakaさんはおっしゃってました。

一方で、ブログをはじめてから地元の雑誌などの案件を受けるようになったり、ご自身でリトルプレスを刊行されたり、ライターとしての仕事が増えたんだそうです!

ぼくもそういうところを目指して頑張りますよ!

 

ブログ継続の秘訣はゲーミフィケーション!?

1,タイムアタック

まずは数字のこと。1記事90分という時間を決めて、週に3本は絶対に続ける。
記事はだらだら書いてもよくならないし、永遠書けてしまうから、時間を区切るのはとても大事ですね。ぼくはいつもだらだらしてしまうので、心がけたいところです。

週に3本もご自身で見出された適切な量だといいます。毎日1本でも、週に1本でもよくて、大事なのはその量で続けられるか。まずは自分がどれくらい時間が使えるのか、どれくらい書けるのか、よく理解するところから、ということでしょうかね。

 

2.PVはポイント稼ぎのように & 3.悪口は書かないというルール設定

 

PVはポイント稼ぎのように。適度な力加減が大事ですね。

それから「悪口は書かない」。出かけて行って、怒りたくなることも時にはあるそうで、もちろんそれを記事にしてもいいんですが、怒りの感覚は書いたところでなくならないし、なにより読んでる方が楽しくない。楽しい記事を書いていれば、自分自身も楽しくなるし、楽しい情報が集まってくる。

読者を意識しつつ、自分の心持ちも調整。もはや悟りの境地です。奈良に住むとそうした心持ちでいられるのでしょうか。京都にいるぼくも見習ねば。。。

 

4.テンションは上げすぎず、下げすぎず

 

ブログを書いていると、ある程度「これは読者ウケするだろう」内容がわかってきます。でもあえてそうしないというのも時には必要。読者ウケする記事はテンションを上げていかない。話を聞いたり、名前がわかると客観的なことが書けないので、お客さんとして行って、感じたことをまとめてるそうです。

ブレない。無理しない。

 

5.なにより自分が楽しめるものを 

 今回の話で一番驚いたことはここ。nakaさんのブログ愛を感じるお話でした。
ぼくは果たしてどうだろうかな。耳が痛むところでもありましたw
無人島に持って行っても自分が飽きないようなもの。これは新しい基準になりそう。

 

まとめ

楽しく、長く続ける。そのために自分の適切を見出そう。

こんなところでしょうか。楽しむこと、続けることを最初に決めて、それからいろんなやり方でやってみて、徐々に自分がこれならできそうという基準をつくっていく。

初心にかえって、続けたいと思います。
nakaさん、ありがとうございました!!

 

「奈良に住んでみました」

small-life.com

 

(つづく)