読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
さすらいライター、みずぐちもとゆきが綴る日常と非日常

書くことは恥さらしでしかない。それでも書きたいことがある。

書くということ

いまのぼくのことを書きました。

自己紹介の代わりと思って読んでいただければと思います。

 

 

文章にしても、企画やイベントにしても、100点満点をもらえるようなものでなければならない。それは自分が自分に課した無理難題だ。

高校までのぼくは「やればできる子」だった。課題やって、テストで満点とれて、親や先生や友達に認めてもらえて、うれしくて、だからできるだけ満点とったし、それを求めることが自分にとって当たり前だった。

 

でも勉強と仕事(勉強とそれ以外といっていいだろうが)とは違うのが当たり前で、頭ではわかってても、本当には理解できていない。

やってないことをできないのは当たり前なのに、要領が悪くて、イライラしてしまう。

自分はいつも満点が取れる、なのに今回はそうはいかない。それがとてもこわかった。書けない自分は認めてもらえない。でもうまく書けない。気づいた時には自分の首を絞めていた。

 

ライターを名乗っておきながらいまのぼくの文章力は乏しい。そんなぼくにとって文章を書くことは恥さらしでしかない。でもそれを抜けきったところにはじめて書くことができるし、書きたいものを書けるんだと思う。

恥さらしても書くのは、書きたいことがあるから。それは自分の意見もそうなんだけど、図らずも人生の先輩から話を伺う機会があって、彼らからあずかった言葉、生き様を見聞きしているから。

 

当時のぼくが自分のいらんこだわりのために書けなかったことがある。でもいまは変なこだわりを捨てて、ちゃんと彼らのメッセージが伝えられるように文章力を鍛えたいし、そのためにはやっぱり書くしかない。

次の春から文章を学ぶために大学を移ることにした。職業ライターとしての道は程遠いかもしれないけど、まずはいま書くことからやりなおしたい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。図々しくも1つお願いしたいのですが、これからたくさん記事を書いていくと思うので、それにどんな形でもいいのでコメントをいただきたいです。

書くことはとても孤独です。いまは霧の中を迷うように書いています。だから、これいいなとか、ここはこうちゃうとか、質問とか、なんでもいいので、読んでいるみなさんのコメントを頂きたいです。それがぼくの一番の励みになります。