ことばあそびか、こころのさけびか
みずぐちもとゆきが綴る日常と非日常

黄金を求めた結果

あなたのことばはぼくのことば。 ひとの一瞬は輝いている。 それはまるで、涙のしずくのように、たったひとつぶの輝きの結晶。

その輝きは、誰かにとってどうでもいいことかもしれない。 一方で誰かにとってはものすごく愛おしいものなんだ。

だからこそ、ぼくらは黄金を求める。 この世の中で、あなたが黄金だと思うものはなんだろう。 それは僕にとっては思い出以外のなにものでもない。

もし誰もが思い出を黄金だと理解できる時が来るとしたら、 間違いなく世界は、もっとずっと豊かだろう。 黄金って、心の柔軟性・心の輝き・心の富なんだよね。

そして本当にそうだとしたら 異なるしずく、誰かと誰かが出会い、同じ瞬間を過ごす事こそが、みんなが憧れる錬金術なんだ。 あなたと誰かとの間にも、きっとそれはあると信じるから。

20141216 親愛なる魔法使いへ。