ことばあそびか、こころのさけびか
みずぐちもとゆきが綴る日常と非日常

よくみれば「オモロイ」はたくさん転がっているのではないかという話

今日はお昼からひたすらこぎました。 昨年の夏に買い換えてから自転車で出かけるのは お気に入りなのであります。まずは京都駅ですな。 2013秋さすらい、最初に乗るバスを予約しました。

バスで北陸に向かうのは久しぶりです。 時間はあるけど、楽はしたいという時に 北陸道のバスはお勧めです。 鈍行ほどの料金で3列シートに座れますから。

次に大垣書店にやって来ました。 しょっちゅう行ってますね。 先日なくしてしまった本を買い直します。 あまり本を読みなおすことをしないのですが、 今回ばかりは必要ですね。上阪徹『書いて生きていく プロ文章論』ミシマ社、2010年。

そのうち本を読んで、考えたことはまとめていこうと思います。 ライター志望のくせに、僕はほんとに本を読まない人で。 昨年ぐらいから読む癖はついてきました。

本を読むのよりも、「本」という物体に興味がありますね。 形、装丁、ページをめくる感覚、紙の触り心地。 よく「CDのジャケ買い」ならぬ「本の装丁買い」をしましたね。 いまはCDも本も物体ではなく、音楽、文章と言った情報になってますから、 そういった買い方はないんでしょうか。 そのうちこういう話をしても通じなくなる世代が出てきたりするんでしょうね。

さて、JRの高架橋を渡り、高倉通りを上がります。 河原町のミーナにやって来ました。 ミーナの上層階にGUができたので、行ってみることにします。 シーズンごとにかなり品揃えが変わるので、 ヒットする時とそうでない時がありますね。 残念ながら今回は三振でしたね。

最後は岡崎にある府立図書館へ。 なかなかいい図書館です。蔵書もしっかりしてます。 けど今日は休館日。本を返すだけです。疎水沿いはもう木々が色づいています。 道も落ち葉で染められています。 下宿の方はまだまだですが、 場所によってはもう「秋」が盛りのようですね。

今日はなにが書きたい、というよりは 日記ですね。 でもこうして1日を振り返ると、なんだかんだ 「オモロイ」1日だったのではないかと。 自己満足ですが。

冷え込んできたので、体調には気をつけて。 それではまた。