さすらっている場合じゃない

京都と東京の2拠点で活動するライター、水口幹之の仕事と日常について書いています。

京都・東京、二拠点で活動するライター
みずぐちもとゆきが綴る日常と非日常

地方

ともだちが「村通い」のイベントをやったんだけど。

「ふと帰りたくなった時に帰れる場所がある暮らしは 幸せだと確信しているから」利賀ゼミメンバーが企画している 「まち、ときどきむら」のイベントが先日東京でありました。 レポートはこちら