さすらっている場合じゃない

京都と東京の2拠点で活動するライター、水口幹之の仕事と日常について書いています。

京都・東京、二拠点で活動するライター
みずぐちもとゆきが綴る日常と非日常

2015-04-14から1日間の記事一覧

たねのうた(2)

人はみんな「たね」を持っている。 そのたねを手にかけると、芽が出て、葉がついて、 花が咲いて、実がなる。 人はよく、花を咲かせることを求めてしまう。 となりの庭の花はきれいに見えるもの。 その花に憧れることもある。 そうすると自分の庭に一つも花…

たねのうた(1)

2014年11月から12月にかけて、コーチングしてもらっていました。 ノートの整理をしていたら、その時に書いたものが出てきたので、 載せることにします。