ことばあそびか、こころのさけびか。ことばと文章の実験室
みずぐちもとゆきが綴る日常と非日常

京都のおいしいパン屋さん|天狗堂 海野製パン所

 

京都 パン屋 天狗堂

天狗堂海野製パン所

京都に来て10年目になりますが、京都でほんとうにおいしいと思うお店へ
あらためて実際に足を運んで、勝手に紹介させていただきたいと思います。

というわけで、今回は京都のほんとうにおいしいと思うパン屋さん。
三条通御前南東角にある、天狗堂 海野製パン所さんについて紹介します。

 

続きを読む

観光にもビジネスにも便利な京都駅近モーニング|OGAWA COFFEE 京都駅中央口店

京都駅近モーニング

京都駅周辺は、さまざまなカフェや喫茶店で、モーニングメニューを取り扱っています。

そんななか今回は、おいしいコーヒーとトースト、それと作業に便利なOGAWA COFFEE 京都駅中央口店をご紹介します。

 

続きを読む

四条大宮・阪急大宮駅すぐの便利な駐輪場を発見!京都駐輪場紀行3

四条大宮・阪急大宮駅すぐの駐輪場

四条大宮・阪急大宮駅すぐの駐輪場

「駐輪場を制するものは京都のまちなかを制す」

と思えるほど、京都は自転車での移動に適しています。
その一方で、これまで自転車を駐める駐輪場が少なかったんです。
しかし近年は京都市の政策で、公民それぞれで整備が進められているようです。

 

そんななか今回は、四条大宮交差点・阪急大宮駅付近の便利な駐輪場をご紹介。

四条大宮交差点から千本三条へ北西に斜めに伸びる道の北側を進みます。
(そういえばこの道は名前がついているんだろうか……。)

続きを読む

西院駅・西大路四条の便利な駐輪場を発見|京都駐輪場紀行2

西院駅 駐輪場

西院駅前駐輪場の様子

「駐輪場を制するものは京都のまちなかを制す」

と思えるほど、京都は自転車での移動に適しています。
その一方で、これまで自転車を駐める駐輪場が少なかったんです。
しかし近年は京都市の政策で、公民それぞれで整備が進められているようです。

 地味にシリーズ化している、京都駐輪場紀行。
今回は、西大路四条交差点・阪急・嵐電西院駅付近の便利な駐輪場をご紹介。

続きを読む

1月3日 ことし、なにして、生きていく?

f:id:mizumochy:20180104012659j:plain

 
新年早々、思い知る。
しあわせだった 毎日は
休むことなく 崩れてく。
だからいつでも 気にかけて
なおしていかねば ならないと。
 
自分にとっての しあわせは 
誰かの作った かりもので
いまだに自分で つくれない。
そもそもなにが しあわせか
ぼくにはちっとも わからない。
 
だからといって、しあわせを
感じないわけ ないんです。
だけどもそれは はかなくて
言葉にする間に きえてゆく。
それゆえちっとも つかめない。
 
誰か教えて くれますか
しあわせ守る その術を。
誰か教えて くれますか
しあわせつくる その術を。
今年はきっと かなえたい。
 

20171225 遠くにいるきみへ。

f:id:mizumochy:20171225094241j:plain

 

職場出ておわったよってLINEする 送る相手はもうだれかのこ

もうきみと一緒に暮らしていないのに 買い物カゴには君の好物

「どうしよう、きょうのこんだてなにがいい?」言ってほしいの「なんでもいいよ」と。

続きを読む

きょうはねかせてください。

f:id:mizumochy:20171104104923j:plain

 

みんなニュースを待っている。
どんなに小さいことでもいい。
その人のかけらに触れたいのだ。
その人の生きていることを知りたいのだ。

続きを読む

0830 孤独との付き合い方がわからない。

f:id:mizumochy:20170830183618j:plain

 
きょうは一日中、一人で過ごした。
家から一歩も出ずに、ひたすら畳に突っ伏していた。
よる涼しくなって、家を出た。
思わず自転車を転がし鴨川へ向かう。

「待つ」について論じている話。

この1年半の間、
ずっと考えていながらまとめていなかった

「待つ」ことについて、

ちょっと整理しておきます。
(今回は主につぶやきまとめです。)

続きを読む

ブルーナが死んだ朝、ぼくには店が必要だとわかった。

f:id:mizumochy:20170731084752j:plain

 

ミッフィーの生みの親として知られるディック・ブルーナが亡くなった日、
ぼくは転職のはざまで自分の勤める店がなかった。

 

入店間もない4月後半、熊本で大きな地震があった。
震災が起きているなか何もなかったかのように過ごさねばならない
もやもやした気持ちに前の震災のことが思い出された。

 

続きを読む